試験に受かるための記憶術

その他記事一覧

記憶力に悪い食べ物とは?

受験勉強や試験勉強などで根を詰めると、どうしてもストレスが発生しやすく、ストレスを緩和するために甘いものを食べたり、夜食にお菓子やカップラーメンなどを食べたりする機会が多くなります。しかし、食べ物の中には頭の回転を鈍くする食べ物もあり、記憶力の低下へと繋がります。せっかく一生懸命勉強しているのに、食...

≫続きを読む

集中力を高める栄養とは?

いくら効率のよい勉強法を試しても、集中力が低下すると他のものに気が逸れてしまい、なかなか勉強に戻れないことがあります。特に日頃の食生活の栄養バランスが悪いと、集中力を高める栄養が摂取できず、気が逸れる時間も長くなります。また、栄養バランスが乱れると身体に疲労が蓄積されやすく、睡眠の質が低下するなどし...

≫続きを読む

記憶力に良いサプリメント

受験勉強などで頭をフル活動していると、脳内が栄養不足になり機能が低下します。受験に合格する勉強法とは、脳機能をコントロールすることですので、脳内の栄養バランスに気を配ることも立派な勉強法の一つです。しかし、1日3食バランス良く食べているのにまだ疲労感が抜けない、頭がスッキリしないというような場合は、...

≫続きを読む

運動しながら記憶しよう

試験勉強をする時は、机に向かう時間が自然と増えて運動をする機会が失われます。しかし、運動を定期的に行わない人よりも、週1回でも運動を行う人の方が思考力や記憶力などが高まるため、試験期間であってもある程度運動した方が記憶力の向上に役立ちます。アメリカの医学協会ジャーナル「ABC Science」による...

≫続きを読む

集中力と記憶力

大切な勉強をしているのに集中力が続かない、むしろ試験が間近に迫っている時ほど集中力が散漫になり何も手につかなくなる、という経験をした方は多いと思います。やる気を起こすことは大切ですが、勉強しなければと意気込むほど身体の筋肉が縮小して、血流の低下やストレスホルモンの増加を引き起こし、結果的に脳の集中力...

≫続きを読む

記憶力の仕組み

試験勉強の効率を高めるために、今以上に記憶力をアップさせたいと思っている方は多いと思います。しかし、そもそも記憶とは脳の中でどのように処理されているのでしょうか。効率のよい勉強法を知るためにも、まずは記憶力の仕組みについて見てみましょう。脳内に入った情報はまず、感覚記憶・短期記憶・長期記憶の3つのい...

≫続きを読む

画像や図式を活用しよう

受験勉強というと、とにかく暗記しなくてはならないというイメージがある方も多いと思いますが、文字の羅列だけをただ追っていてもあまり頭に入りません。知識を体系化して覚えるためには、画像や図式などを利用して視覚化することが大切です。脳には色や形など画像的な記憶を司る視空間メモリーがあり、視覚的・空間的なイ...

≫続きを読む

漢字の覚え方

受験勉強をする上で欠かせないのが漢字の勉強です。高校や大学受験になると、「薔薇(ばら)」や「雌蕊(めしべ)」など、覚えにくい漢字がたくさん出てきますが、どうすれば効率よく覚えることができるのでしょうか。もっとも一般的な漢字の勉強法としては、書いて覚えることがあげられます。書くことは文字の特徴を把握す...

≫続きを読む

英語の覚え方

英語は受験勉強で避けることのできない科目ですが、「日本語も十分じゃないのに英語なんて無理!」と感じている方も多いと思います。しかし、英語も日本語と同様、必要となるのは単語のボキャブラリーとそれを使用するための文法であり、少なくとも単語の意味が分かれば文章の意味を類推することができます。そのため、まず...

≫続きを読む

ストレス解消で記憶力アップ

勉強中にイライラすると、集中力が低下して勉強があまりはかどらなくなります。軽いプレッシャーやストレスは、気持ちを勉強に向かわせるやる気スイッチとなりますが、ストレスが過剰に蓄積されると、筋肉が収縮して全身の血流が悪くなって脳の働きが低下します。また、コルチゾールやアドレナリンなどのストレスホルモンも...

≫続きを読む